¡Explora Japón, Cultura Japonesa y más!

Explorar temas relacionados

「那智の火祭り - 和歌山県熊野那智大社 - 7月」 日本三大火祭りのひとつとされ、重さ50㎏以上もある大松明の炎が参道いっぱいに乱舞します。この例大祭は、熊野那智大社から御滝前の飛滝神社への年に一度の里帰りの様子を表したものです。十二体の熊野の神々を、御滝の姿を表した高さ6mの十二体の扇神輿に移し、御本社より御滝へ渡御をなし、御滝の参道にて重さ50㎏~60㎏の十二本の大松明でお迎えし、その炎で清める神事が「那智の火祭り」です。当日は、那智大社境内にて午前11時から「大和舞」、午前11時30分から国の重要無形民俗文化財に指定された「那智田楽」が奉納されます。クライマックスとなる御滝本神事(大松明に点火)は午後2時から滝前の参道にて行われます。

「那智の火祭り - 和歌山県熊野那智大社 - 7月」 日本三大火祭りのひとつとされ、重さ50㎏以上もある大松明の炎が参道いっぱいに乱舞します。この例大祭は、熊野那智大社から御滝前の飛滝神社への年に一度の里帰りの様子を表したものです。十二体の熊野の神々を、御滝の姿を表した高さ6mの十二体の扇神輿に移し、御本社より御滝へ渡御をなし、御滝の参道にて重さ50㎏~60㎏の十二本の大松明でお迎えし、その炎で清める神事が「那智の火祭り」です。当日は、那智大社境内にて午前11時から「大和舞」、午前11時30分から国の重要無形民俗文化財に指定された「那智田楽」が奉納されます。クライマックスとなる御滝本神事(大松明に点火)は午後2時から滝前の参道にて行われます。

Geishas,Kimono Japonés,Chicas Lindas,Amo,Carpe Diem,Ser Amable,Belleza,Estética,Galaxias

「熊野御燈祭 - 和歌山県新宮市神倉神社 - 毎年2月6日」県指定無形民俗文化財。熊野の神々が、降臨した巨岩のご神体「ごとびき岩」のある神倉神社。源頼朝が寄進したという538段の急な石段を上がると、ご神体「ごとびき岩」が太平洋を見据えています。「お燈まつり」は、毎年2 月6 日夜に行われる神倉神社の例祭で、その歴史は古く、全国の火祭の中でも最も古い勇壮な祭です。夕刻に白装束の上り子(あがりことも言う)たちが松明を手に熊野速玉大社から阿須賀神社へ詣て神倉山に集結します。午後7寺に祝詞奏上、迎火松明に点火され、上り子たちの松明に順々に火が移されます。玉垣内で待機した上り子たちの千数百本の松明が天を焦がすばかりとなったとき、門が開かれ538段の石段を我先にと駆け降ります。全山が火の海と化した神倉山から、籠が下り降りるような壮観な眺めは、新宮節には「お燈まつりは男のまつり山は火の滝、下り竜」と唄われています。

「熊野御燈祭 - 和歌山県新宮市神倉神社 - 毎年2月6日」県指定無形民俗文化財。熊野の神々が、降臨した巨岩のご神体「ごとびき岩」のある神倉神社。源頼朝が寄進したという538段の急な石段を上がると、ご神体「ごとびき岩」が太平洋を見据えています。「お燈まつり」は、毎年2 月6 日夜に行われる神倉神社の例祭で、その歴史は古く、全国の火祭の中でも最も古い勇壮な祭です。夕刻に白装束の上り子(あがりことも言う)たちが松明を手に熊野速玉大社から阿須賀神社へ詣て神倉山に集結します。午後7寺に祝詞奏上、迎火松明に点火され、上り子たちの松明に順々に火が移されます。玉垣内で待機した上り子たちの千数百本の松明が天を焦がすばかりとなったとき、門が開かれ538段の石段を我先にと駆け降ります。全山が火の海と化した神倉山から、籠が下り降りるような壮観な眺めは、新宮節には「お燈まつりは男のまつり山は火の滝、下り竜」と唄われています。

Pinterest
Buscar